2010年03月02日

有吉九段が反則負けで999敗に


引退が決まっている有吉道夫九段が、2日におこなわれた第23期竜王戦予選5組の浦野真彦七段との対局で「2手指し」の反則負けを喫しました。

将棋の有吉九段、珍しい「2手指し」で反則負け(読売新聞)

4連勝中と好調だった有吉九段でしたが、17手という序盤戦での痛恨の2手指しとなってしまいました。引退間近なだけに残念な一局となってしまいました。

これで、有吉九段は999敗となり、1000敗に王手をかけました。

posted by はくしん at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOPICS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35873432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック